パクハソンの熱愛彼氏と性格が発覚!身長はどうなってる?

2005年のドラマ「愛には奇跡が必要」で女優デビューを果たし、
その後、2008年の「王と私」で注目を集めたことで、
ブレイクを果たしたパクハソンさん

そんな彼女の熱愛彼氏が発覚とのことですが、
その彼氏とは一体どんな方なのか?

また、性格や身長も注目されてるとのことで
気になって調べてみました!

スポンサードリンク

熱愛彼氏は一体誰なの?

%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%8f%e3%82%bd%e3%83%b3

まずは、彼女の熱愛彼氏が
発覚したということなんですが、

どうせまたガセネタなんじゃないの?
と思われているかと思うのですが、

今回ばかりは、残念なことに
本人から交際を認める結果になっており、
疑う余地存在しないものとなっておりました

では、その羨ましい人物は
一体誰なのか?と気になってるでしょうから、

早速、答えから言ってしまうと
俳優のリュスヨンさんが彼女の
熱愛彼氏となっているんですね!

%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%8f%e3%82%bd%e3%83%b33

なんでも、交際のきっかけとなったのは
ドラマ「TWO WEEKS」で共演したことにあり

その後、少しの間は先輩後輩として
付き合いを重ねていましたが、

2014年の年末頃から
交際へと発展することになったんですね!

しかも、2人はドラマの共演だけでなく
バラエティー番組「真の男」で、

時期は違うけれども、
軍兵として活躍したという共演点があったのも

交際に拍車をかけることに
なったのではないではないかと思われます

そして、交際が報じられると
関係者の方々から次々と、

2人が昨年末かた交際したのは事実だ

5ヶ月ほどになる。見守ってほしい

というコメントが出されたことで
熱愛が本当だ!ということになりました

2人は8歳の年の差がありますが、
現在も破局情報が出てないということは

年上男子としてリュスヨンさんが
しっかりと引っ張っていってることで
愛情を深め続けているのではないかと思いますね

ちなみに、結婚はどうなのか?
と聞かれることもありまして、

こちらに関しては、
時期尚早ということで、

まだそこまでは考えてないようなことを
言っていましたが、

年齢が年齢なだけに
急に結婚報道が出ることも
充分にあり得るのではないかと
個人的には思いますね~

彼女の性格は良いの悪いの?

スポンサードリンク

で、先ほどは
熱愛彼氏との関係をお伝えしましたが、

ここでは、彼女の性格が
注目されることになっているんですよ

%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%8f%e3%82%bd%e3%83%b36

やはり、ここまでの美人だと
性格が屈折してるのではないか?
と疑問を抱かれるようになり、

色々と悪い推測が
先行してしまっているんですね!

ですが、彼女の場合は、
一味も二味も違うものになっており、

見た目から感じられる冷たさは
実際には持ち合わせておらず、

気さくで率直

礼儀が正しい

という声が多く上がっており、
一女性として完璧に近いものとなっておりました!

それに加えて、
彼女には弟さんがいるんですが、

その弟さんが発達障害ということで
仕事でクタクタになっていても、

スケジュールが空けば、
一緒に映画を見に行ったりする
優しさを見せているんですよ!

ですから、日本での知名度は
まだまだ低いかもしれないですが、

韓国では大きな人気を集めているのは
こういうところも関係しているのかもしれないですね!

身長は果たしてどうなってる?

で、性格はかなり良いことを
ご理解いただけたかと思うのですが、

ここでは、彼女の身長というところを
お伝えしていきたいと思います!

%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%8f%e3%82%bd%e3%83%b32

とは言っても、
何かサバを読んでるとか
そういう黒い噂があるわけではなく、

ただ単に彼女の身長は
どうなっているのか?と気になっただけで
特に仰天情報はありません!

では、その身長が
どうなっているのかといいますと、

女性としてはそこそこ高い
165cmを誇ることになっており、

なかなかのスタイルを
誇っていることが分かるかと思います!

実際にこちらの画像を
見ていただいても、

%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%8f%e3%82%bd%e3%83%b37

全体的にバランスのとれた
素晴らしいスタイルになっていますよね!

ちなみに、体重は?といいますと
45kgということになっており、

身長165cmということを考えると
かなり痩せている分類に
入ってくるのではないかと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする